MONOlogue

田舎の喪女がお気に入りを淡々と紹介するブログ

Victor:ニッパーのルームライト

f:id:kamemannen:20190602220210j:image

ビクターの看板犬ニッパーのルームライト。一見ただの置物だけど、スイッチ入れるとちゃんと灯りが点くんだぜ。

このニッパー、元々は英国の画家が飼っていた犬で、亡き飼い主の声が流れる蓄音機を不思議そうに覗き込む様子を、飼い主の弟(同じく画家で兄の死後ニッパーを引き取った)が描いた絵が元ネタなのだとか。

……まあ、そんなエピソードは知らなくても、ニッパー自体はクラヲタなら絶対に見覚えがあるはず。何故なら「ビクター犬」の通称通り、日本ビクター(現JVCケンウッド)の企業ロゴに鎮座しているし、クラヲタ御用達のHMVRCAにもトレードマークとして採用されているからね。

残念ながら我が家に蓄音機はないので、DALI Royal Menuet IIのすぐ隣に置いて、飼い主の声の代わりに萬年セレクトのクラシック音楽に耳を傾けてもらっています。時々大音量でロジェヴェンのチャイ4とか聴かせてごめんな、ニッパー。

スミレの花のヴィンテージブローチ

f:id:kamemannen:20190601161827j:image

購入時ヨーロッパのヴィンテージと伺いましたが、例によって詳細は不明。花束みたいにぎゅっとまとまったエナメルのスミレが可愛いです。

麻や綿のナチュラルなワンピースに合わせると良い感じなんだけど、三十路を過ぎてから、その手の服があまり似合わなくなってきたんだよな……。

で、とりあえずシンプルな普段着でガンガン着けていたら、飾り気のない黒のニットやカットソーにものすごく映えることを発見。黒色の持つ強さ・硬さを柔らかなスミレ色が中和して、なんとなくエレガントな雰囲気になるよ。

西洋スミレは日本のスミレと違い、甘ったるい芳香を放つのが特徴なんだそうです。そういえば以前、フランスにはスミレの花を砂糖漬けにした菓子があって、ショパンがそれを好んでいた、と何かで読んだ気がする。

もちろん道端で慎ましく咲く日本のスミレも大好きなんですけど、食いしん坊のクラヲタとしては、西洋スミレの砂糖漬けを是非一度食してみたいところ。デメルで売ってるらしいから、今度買ってきてみよう。

高橋由紀子:狸の飯椀

f:id:kamemannen:20190531214524j:image

信楽の陶芸作家・高橋由紀子さんの作品。金太郎飴に似た「練り込み」という技法で、動物モチーフがメインの渋くて可愛い食器を作っておられます。

数年前、滋賀県内の雑貨店でやっていた「滋賀作家市」なるイベントに偶然行き合い、この作家さんの作品群に一目惚れして、ただでさえ少ない財布の中身を全部はたいてきました。

今のところ狸の飯椀(男の子バージョン)・狸の豆皿・狸のタンブラー・カモメのカトラリー置き・猫のパスタ皿をそれぞれ2つと、カモメの砂糖壺を1つ持っています。近いうちに狸の飯椀(女の子バージョン)と鳥のケーキ皿も買うつもりだし、できれば他の作品も少しずつ集めていきたい。

信楽って元々陶芸の盛んな町で、あの特徴的な狸の置物で有名なんですよね。実はうちの庭にも、親戚が新築祝い(ウン十年前……)に寄越したらしい巨大な狸の置物があるよ。あんな間抜けな顔だけど、厄を退け幸運を招いてくれる縁起物らしいので、狸の食器ともども大切にしよう。

スーベニール・スノードーム

私の大好物のお土産系スノードームが大量に紹介されています。お洒落な装丁で中身も写真メインなので、元々スノードームが好きな人じゃなくてもそれなりに楽しめる本だと思います。

世界各国のスノードームが国や都市ごとに分類されているため、パラパラめくっていくと、自宅のソファから一歩も動くことなく地球をぐるっと一周した気になれるよ。

日本国内の観光地でも、スノードームは数が少ないながらも一応あるにはあるんだけど、最近はシンプルなプラスチックのドームの中身だけ入れ替えたものが多く、台座にまで観光名所を詰め込んだような情報量の多いものはあまり見ない気がする。

ばら撒き用のお土産も「〇〇へ行ってきました!」の〇〇の部分だけ変えたクッキーとか多いし、昭和の人間としてはなんだか味気なく感じますが、これも時代の流れだから仕方ないんでしょうな……。


ニューヨークの赤いお土産系スノードーム

f:id:kamemannen:20190529200036j:image

同じニューヨークのスノードームでも、先日記事にしたサックス・フィフス・アヴェニューのものとは違って、私の本来の守備範囲であるチープなお土産系スノードームです。

確かフリマかリサイクルショップで買った気がするんだけど、随分前のことなのではっきり憶えていません。確実に言えるのは「自分がアメリカで買ってきたものではない」ということだけで(だって行ったことないから)、もしかしたら誰かからの土産かプレゼントかもしれない。

赤の台座の目立つ位置にイエローキャブが貼りついており、かなりポップな印象。ドーム内のフィギュアも台の細工も雑ですが、この気の抜けたユル〜い雰囲気こそが、むしろご当地スノードームの一番の魅力だと思ってます。

雪が白いフレーク状のアレじゃなく、ただのオーロララメなのが惜しい……。でもまあ、これはこれで可愛いし、陽射しの中をちらちらと舞う春先の雪みたいに見えなくもないよ。